GAS ウェブマーケ

GoogleFormの回答内容をメールに記載するスクリプトを紹介!俺たちに必要なのはこれ!

こんにちは!非エンジニアでウェブマーケターの木庭です @koba_tokyodays

マーケターだけでなく様々な職種の方がGoogle Formを使っていると思います。デフォルトだと回答時の通知がないので通知をONにすると思いますが、いかんせん通知メールに内容が書いてない…わざわざGoogle Formもしくは連携中のスプレッドシートに確認にいく必要がありますね。

  • いや、そもそも忙しいのにそんなことやってる暇ないで!
  • 最初からメールに書けばええやん!
  • そもそもスプレッドシートのリンクなんだっけ!?

ということになりがちです。そこでこの記事ではGoogle Formの回答内容をメールに記載するスクリプトを紹介します!
今回の記事は以下の5W1Hとなっています!

  • Where: Google Form上で
  • Who: 回答者が
  • When: 回答したとき
  • What: 回答内容が記載されないメール通知に
  • How: GASを使って
  • Why:回答内容を記載する

Google Formに回答内容記載用スクリプトを記述する

スクリプトを記載したいGoogle Formを開き、右上menuからスクリプトエディタを選択します。

googleform-answer-mail01-1

以下のスクリプトを記述します。

実行します。Googleから求められる許可はすべて承認してください。

※まれに安全ではないページと表示されますが、左下の詳細>ページに進むを選択してください。

送信元メールアドレスを変更したい場合

末尾から2行目は以下の条件時に送信元メールアドレスを変更可能です。

noreply@自社ドメインを送信元にする

GmailApp.sendEmail(address, title, content, {noReply: true});にする

自分のメアド@自社ドメインを送信元にする

GmailApp.sendEmail(address, title, content);にする

送信元メールアドレスを変更できないケース

gmailのみしか利用していない場合、送信元メールアドレスはGoogle Formを作成したメールアドレスになります。

トリガーの設定

  • イベントのソース:フォームから
  • イベントの種類:フォーム送信時
  • エラー通知:今すぐ通知を受け取る

上記を設定して保存したら設定完了です。

※許可を進める途中でまれに安全ではないページと表示されますが、左下の詳細>ページに進むを選択してください。

挙動確認

以下の内容でフォームに回答したところ、ただちにGmailに回答が届きました。

ということで無事に設定完了です!

おわりに:仕事は時短と効率化をいかにし、スイッチを切り替えないか

いちいちGoogle Formやスプレッドシートの該当の回答まで行くのめんどくさすぎるな…というのがこのスクリプトの発端です。

されど数分の差ですが、数分の累積、頭の切り替わりによる仕事の停滞の発生を防いでいきましょう!

わからないことや、ここ違うんじゃない?などあればいつでも以下のコメントか、twitterから質問してください!

→のツイッターアカウントでも色々つぶやいてるので是非フォローしてください!@koba_tokyodays

関連記事:ユーザーに真な声を書いてもらおう!

自由記入アンケートでユーザーの真の声をもらう!実例とサンプルを紹介!

こんにちは!非エンジニアでウェブマーケターの木庭です @koba_tokyodays ! ウェブマーケターのみなさんならユーザーにアンケートを送信し、どんなことを考えたり気にしてるか傾向があるかなど確 ...

続きを見る

-GAS, ウェブマーケ
-,

© 2020 非エンジニアのSEOとウェブマーケ